読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と上手に付き合う方法

保険のこと、年金のこと、住宅ローン、投資だったら株・NISA・iDecoなど生活にかかわるお金のことって多いですよね。しかも逃げることもできなしい、難しそうだし。そんなお金にかかわることを記事にして解説していきます。

優待株を買う基準

優待を設けている会社は多数ありますが、そんな株を買うときの、私の基準をまとめてみました。


◆勢いで買わない

雑誌でおすすめしている銘柄を買うのも一つの選定方法ですが、すでに上昇してしまっていて割高です。買ったらダメです。


◆配当+優待で4%

例えばビックカメラとかがこの基準を満たします。配当1,000円に優待として商品券3,000円もらえるので計4,000、購入必要金額902*100=90,200円  4,000÷90,200=4.4%

4%くらいないと、せっかく投資しているので、メリットが薄いと感じます。最近の優待銘柄をみると、4%までは上がりやすいし、4%以上のときは、4%までは下がることもあります。この4%を一つの基準にしてます。実際こんな動きします。


◆決算前に買う

決算時に保有していると、優待をもらえることが多いですが、優待銘柄は決算時期に向けて株価がゆるやかに上昇していきます。なので、決算の2、3ヶ月前くらいに買うのがベストです。でも、上記の4%いってたらすぐ買うか検討します。


◆会社の業績チェック

あたり前ですが、業績チェックは大事です。わたしのチェック基準ですが、3年連続して利益と配当を出していて、売上が年ごとに上がっているか見ます。


株価が上がりきってると、4%といえども見つかりにくいんですが、6/24の下落タイミングでは買い時の銘柄がけっこうあります。